カワモトギセルガイ

陸・淡水産貝類

Tyrannophaedusa (Decolliphaedusa) kawamotoi Kuroda & Taki

カワモトギセルガイ
撮影:濵田保
カワモトギセルガイ
撮影:濵田保
目名 柄眼目
科名 キセルガイ科
大分県カテゴリー 準絶滅危惧 (NT)存続基盤が脆弱な種
環境省カテゴリー 絶滅危惧II類 (VU)絶滅の危険が増大している種
選定理由

本州の西部と九州の中部に分布域をもつ。本県では南部に分布する。樹木の伐採による環境の変化で個体数は減少傾向にある。

県内分布( )は過去の分布
三重町、野津町、津久見市、本匠村、佐伯市、宇目町、緒方町
分布域
本州(山口)、九州(熊本・大分・宮崎)
生育環境

石灰岩地や山地の林内で落ち葉の下や倒木の下。

現状
生息地の石灰岩地が荒廃したために、その地区では生息の確認ができなくなっている。
備考

殻高23.5mm、殻径5.2mm、の中型種