マツカサガイ

陸・淡水産貝類

Inversidens japanensis (Lea)

マツカサガイ
撮影:濵田保
目名 イシガイ目
科名 イシガイ科
大分県カテゴリー 準絶滅危惧 (NT)存続基盤が脆弱な種
環境省カテゴリー 準絶滅危惧 (NT)存続基盤が脆弱な種
選定理由

国内に分布域は広いが、本県には生息地が少ない。河川の改修や水質汚染など、環境の悪化により個体数が減少傾向にある。

県内分布( )は過去の分布
宇佐市、湯布院町
分布域
本州、四国、九州(福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島)
生育環境

流れの緩やかな砂と礫の混じる浅い河床。

現状
河川の改修により生息地の河床が部分的に攪乱されて、個体数が減少している。
備考

殻長 47mm、殻表に山形の彫刻が出る