ツクシシャクナゲ

種子植物

Rhododendron degronianum Carr. subsp. heptamerum (Maxim.) Hara

ツクシシャクナゲ
撮影:首藤房子
科名 ツツジ科
大分県カテゴリー 準絶滅危惧 (NT)存続基盤が脆弱な種
環境省カテゴリー 掲載なし
選定理由

岩石の多い林内に生育し,個体数はかなりみられる。庭木や盆栽として幼木から成木まで採取の対象となり,生育地や個体数の減少が懸念される。

県内分布( )は過去の分布
耶馬渓・国東丘陵地,英彦山・犬ヶ岳山地,津江山地,九重火山群,由布・鶴見火山群,豊後水道後背地域,大野川上流域,祖母・傾山地,北川上流域
分布域
本州(中部地方西部以西),四国,九州(福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎)
生育環境

丘陵地から山地の岩の堆積した林内。

現状
比較的人の立ち入りやすい「九重火山群」,「津江山地」の一部では,盗掘跡をみかけることがある。
備考

国指定天然記念物「犬ヶ岳のツクシシャクナゲ自生地」(耶馬渓町),県指定天然記念物「鹿嵐山のツクシシャクナゲ群落」(院内町),国立・国定公園指定植物[阿蘇くじゅう,瀬戸内海,耶馬日田英彦山,祖母傾]