ニホンスッポン

爬虫類

Pelodiscus sinensis (Wiegmann, 1834)

ニホンスッポン
撮影:森田祐介
目名 カメ目
科名 スッポン科
大分県カテゴリー 情報不足(DD)評価するだけの情報が不⾜している種
環境省カテゴリー 情報不足(DD)評価するだけの情報が不足している種
選定理由

養殖場からの逸出や無秩序な放流により、外来起源のスッポンが野外に放され、在来集団と交雑しているとみられる。

県内分布( )は過去の分布
県内全域
分布域
本州、四国、九州、琉球列島および周辺の島嶼
世界的分布
東アジア (日本、極東ロシア、朝鮮半島、中国、台湾、ベトナム)
生育環境

河川やため池、水路などに生息する。

現状
本種には遺伝的に異なる複数の系統があることが分かっており、日本国内には在来とみられる系統のほか、外来由来とみられる系統が定着し、これらの交雑が生じていることが知られている。
県内の生息状況を見ると、生息個体数は少なくない。ただし、養殖場からの逸出が生じているほか、河川への放流も盛んにおこなわれており、国内他地域あるいは海外に由来する個体が定着していると推測される。これ等について、外見からの判断は困難であり、現在の生息状況を評価することは難しい。
なお、今回のRDB見直し調査に際し、「昔、“番匠川”にスッポンは生息していなかった」との聞き取り情報が複数得られた。放流により元来の自然分布も判然としない状況となっている。